毛髪整備自負です!

ヘアリザーブ十八番です!リザーブというと妙に身構えてしまって、できないできないと嘆いている方も多いですがたいして辛く位置付けることはありません。ヘアリザーブを上手に果たすためにおすすめしたいことが複数あります。とりあえず最低でも肩くらいまでの長さはキープしておく企業。そうして緩くパーマをかけて下さい。あとは、米国ビビッをどんなに使うか、です。ビビッが丸見えになってしまうことに躍起になって、YouTubeなどで必死に写真を見て研究して、なんてことをやっていると攻撃が滞ります。ビビッを少し開いて、底を髪の毛の消息筋を縫うように、【断ち切る】と言うより【示す、縫う】という印象。パーマが因ると相当やりやすいです。あとは構成分けした時の線をどんなに見えないようにできるかです。ガイダンスを見すぎずに、鏡を見すぎずに、感覚でたくさんです。トップの髪の毛は弛くフワフワしていても大丈夫、位置付けはじっくり、こういう減り張りも大事です。トータルにボヨンとしていてもNO、殊更ベストより位置付けがゆるんでいるとやつれていたりだらしない考え方になります。こういうメリットさえ押さえていれば、ヘアリザーブは確実に上手になります!http://kyoto-zenshindatsumou.hatenablog.jp/